薬剤師が企業に転職すると給料は上がる?

転職活動を進めて行く時は

また、調剤薬局の場合は、首都圏よりも地方の方が高給だという傾向もあります。
高齢化が進んでいる地方では、薬が必要なお年寄りが多く処方箋枚数も多いのに若者の人口が少なく、薬剤師も不足しています。
そのため、無料でマンションを一部屋貸し与えるという所も、少なくありません。
研究・開発は22~24万円、MRが24~26万円という感じです。
働きがいややりがいを比べると、ドラッグストアはあまり薬剤師らしい仕事は多くありません。
お菓子や化粧品や日常雑貨品を陳列したり、レジ打ちをしたりといった販売員としての仕事が大半です。
病院は給料は少ないものの、やりがいは大きいという声が多いです。
医師や看護師と一緒に、栄養サポートチームや疼痛緩和チームの一員として患者さんをサポートすることもあるので、薬の専門家なのだという自負心や患者さんを支えているのだという満足感は大きいようです。
MRは文系大学出身でもOKですが、やはり薬剤師免許を持っていて薬の知識が豊富な方がベターでしょう。
しかし営業職なのでコミュニケーション能力なども問われます。
福利厚生を比べると、病院やクリニックは大きなところでは福利厚生もしっかりしている傾向がありますが、小さなクリニックでは福利厚生のあまり付いていないことが多いです。
クリニックの夏休みにみんなで旅行に行くという所もありますが、職場の仲間と旅行へ行くよりも保養所を所有してくれて自由に使える方がいいのに、という声も多いです。
大企業はやはり、福利厚生もしっかりしている所が多いです。
給料、やりがい、福利厚生の全てにおいて満足できるところがあればいいのですが、なかなかそうもいかないでしょう。
転職を考える時や転職活動を進めて行く時は、「これだけは外せないことは何か」ということを、しっかりと自覚しておくことが大切です。

薬剤師の活躍場所転職活動を進めて行く時は